自己紹介

住職・原田智秀 

昭和50年、神戸市長田区生まれ。
生後暫くは大阪府東大阪市高井田元町・八尾市西山本で生活、その後、幼稚園入園前に引越し、大阪~信貴山朝護孫子寺間の街道である恩智越の麓で育つ。

恩智の八尾市立南高安小学校、同中学校を卒業後、大阪市中央区谷町の大阪市立南高等学校国語科に入学。高校一年生の時に四天王寺と法隆寺を結ぶ竜田越奈良街道、現在の国道25号線沿いの大阪府柏原市法善寺に転居。

高校卒業後は大学受験全滅、一浪するも受験勉強がアホらしくなり軽率にドロップアウト、ヒンディー語を学んでインドに行こうと、東京・三鷹のアジア・アフリカ語学院に入学。しかし当然ながら(?)語学の勉強はほとんどせず、日本語の本ばかり濫読。
この頃、福音派教会にて受洗。
卒業後も暫くは東京に沈没して人生迷走、相変わらず読書と深夜徘徊の日々(時々インドも徘徊)。

24歳で仏教と本格的に出会い発心、色々と模索するもキリスト教から離れて仏教の道へ。
当初、日蓮宗系のご縁があったものの、南都仏教に憧れもあり、その方向で模索しつつも残念ながら当時はまったく縁がなく、ともかくも高野山大学仏教学科に入り、法師としての第一歩を踏み出すに至る。因みに大学の卒業論文は『「大乗起信論」における真如思想の一考察』。

卒業後そのまま大学院に行くつもりが、諸事情により断念。学部卒業後は、高野山眞別処円通律寺の一部瑜伽生として四度加行・伝法潅頂(中院流)を成満 。後、京都・仁和寺にて西院流円祐方の法流稟承畢。
で、32歳で結婚(新婚旅行はインド3週間)。

■ 現況
真言宗御室派 医王山福楽寺住職

【興味の傾向】
仏教学全般、釈尊伝、般若中観思想、華厳思想
真言密教、チベット&西域仏教
ORIX Buffaloes、REBECCA

【座右の仏典】
『般若心経』『金剛般若経』『根本中頌』『道の三要訣』
『四つの捕らわれから離れる秘訣』『三十七の菩薩の実践』

【日常実践の自行】
般若仏母根本真言観想念誦・金剛般若経等読誦
念持仏…般若波羅蜜多母

【依るべき大師】
釈尊、龍樹菩薩、弘法大師空海

【行ってみたい場所・好きな場所】
ラサ、マナサロワール&カイラス、カトマンズ
敦煌、五台山、四国遍路、高野山、奈良

■ ひとこと

私には人間として不十分なところがたくさんあります。
しかし、仏教という限りない希望があります。
無明妄念まみれの自心の源底を逃げずに見極めること、それはとても「しんどい」作業ですけれど、常に現状に安住することなく、怠らず精進したいと思います。
そして少しでもこの素晴らしい仏教を皆さんに伝えたい、それが大乗の法師としての、私の唯一の願いです。


副住職・原田浄覚 

福岡県北九州市戸畑区出身。
祖父母と同居の7人家族の中で育つ。
祖父母の影響で仏様は身近な存在。小学生の頃には般若心経を妙な節付きで覚えていた。
戸畑小学校・戸畑中学校→県立北九州高校→純真女子短大国文科卒業。
中・高では演劇部に所属、青春を捧げる(九州大会3位入賞)。

その後、ツアーの添乗員となる。これこそ天職!とイキイキと働く。
中でも四国霊場の添乗は、素晴らしい経験となる。

27歳で学生の頃から持っていた夢の司会者に転職。
婚礼だけでなく、葬儀も経験する。

31歳で結婚、お寺に入る。
高野山尼僧学院にて中院流の四度加行・伝法潅頂修了。
ただいま快適お寺ライフを暗中模索中~。

■ 現況
真言宗御室派 医王山福楽寺副住職
金剛流御詠歌詠教。

【興味】
書道、御詠歌
マイブームは蓮

■ ひとこと
尼僧が少ないので、もっと増えたらいいなあ。
あと、犬はかわいいのです。善哉Love~~。


寺犬・原田善哉

平成20年6月6日、広島県廿日市市生まれのミックス。
生後一ヶ月で寺にもらわれて来ました。

「善哉」という名前の由来は…。
赤ちゃんのころは真っ黒で胸毛だけ白かったため、「まるで白玉善哉みたいな色やねぇ」ということで命名。同時に、「善哉」というのは仏教経典で仏・菩薩を讃える時などよく使われる言葉でもあり、寺犬として良い名前かな、と。
しかし現在は毛も茶色くなって、着実におっさん化しています。
是非お寺にお越しになって見てやってください。

■ ひとこと
わふ