प्रज्ञापारमिता
~仏教のおはなし~

  • '22.12.25 福智

    もし善男子善女人ありて、生死の苦根を断じ、菩提の妙楽に至らんと欲せば、まず福智の因を積んで、然して後、無上の果を感致せよ。 「理趣経開題」 ………………………………………………………… 真言密教における誓願の基本に「五大…

  • '22.12.11 黒子

    私の出身高校は「大阪市立南高等学校」と言います。大阪市谷町にある小規模高校で、非常に残念ながら今年ついに統廃合の憂き目に合いました。 実は南高校には普通科がなく、「英語科」「国語科」の2学科がありまして、それなりに特色の…

  • '22.12.08 成道会

    12/8は何の日でしょうか。 太平洋戦争が始まった日、つまり真珠湾攻撃のあった日が、12/8です。 有史以来ずっと人類はどこかで戦争を絶えず続けてきましたし、戦争は人類誕生の最初から延々とあったのでしょう。 古代あるいは…

  • '22.08.23 真の知識

    何千回講義しても、世俗的な人間には何の効能もない。石の壁に釘が打てるかい? 釘の頭がこわれても石壁はビクともしないさ。 〈中略〉 あんたの講義は、この世のことにかまけている連中にはあんまり役に立たないよ。 (ラーマクリシ…

  • '22.06.09 問題の解決

    何かしら生活上の悩みや問題点がある場合、大きく3つのステップが考えられます。 1.問題に至る流れや背景の把握と対策を立てる 2.当面の対策の実行 3.改善を維持していく習慣の確立 だいたいは2.にばかり関心が向いているパ…

  • '22.06.08 時の流れ

    撫塵は昨なれども不惑は催す 『性霊集三』 砂遊びの子供時代は昨日のようだけれども、はやくも四十歳を迎えた。 ………………………………………………… 昔の四十は今では六十歳、というところでしょうか? 私も痛感していますが、…

  • '22.05.08 道と名利

    古の人は道の為に道を求む 今の人は名利の為に求む 名の為にこれを求むるは求道の志にあらず 「性霊集十」 昔の人は道のために教えを求めたが、今の人は名利のために学んでいる。これでは真の求道者とは言えない。 ………………………

  • '22.04.08 犀の角と善友

    経途多艱にして人烟夐に絶えたり 「三教指帰下」 仏の道は多難にして、頼る人もない。 ……………………………………… 釈尊は「犀の角のように独り歩め」と教えておられますように、仏道はあくまで他人を頼らずに独り歩み続けなくて…

  • '22.03.18 悪意

    地獄は何れの処にか在る 孰れか自心の中に観ん 「十住心第一」 地獄はどこにあるか。それは君の心にある。 …………………………… 人間の心とは如何なるものか、その「理論」は仏教にも様々なものがあります。しかしいずれにしても…

  • '22.03.08 善悪

    三界とは三毒これなり 一切衆生は三毒によって三界の苦を感ず 「実相般若経答釈」 この世は煩悩の坩堝である。すべての人々は煩悩によって苦しみを感じている。 ………………………… 今日は3月8日ですが、かつて1983年の今日…