प्रज्ञापारमिता
~仏教のおはなし~

密教あるいは神秘主義

'24.07.06

密教って、一般的には如来秘密と衆生秘密で説明されますが、その根っこには「表層的な理解」つまり「一般概念や言語分節」「セクトやドグマに立脚した相対的な理論や教義」による記述は不可能であるという含意もあるんだよ。
その突き抜けた次元に関して、そこに◯◯教だとか上下優劣なんかの区別をつけた時点でもはやすべてを見失う。
そこから概念、言語次元に無理に落とし込んだものが「宗教言説」であって、その次元での「表現の適切性」において優劣が発生する。
ただ「劣だから間違い」、ってもんでもないし、「優だからこれだけが正義」にもならない。結局、いずれにしても「汲み取る人間」如何の方が大きいのだから。