प्रज्ञापारमिता
~仏教のおはなし~

  • '09.09.06 憎悪と分別

    「あいつは嫌い」「ムカつく」「生理的に無理」…なんてことは、誰でもが感じることでしょう。もちろんあまりいい感情ではありませんが、しかし、こういったことを今までまったく感じたことがない人間は、そういるものではないと思います…

  • '09.09.05 あなたは誰?

    人は「肩書き」というレッテルを自他ともにベタベタ貼り付けて安心している。 そうして何がしかをわかったつもりになっている。 そもそも「分かる」ということは「分ける」ことだから、それはその本質として致し方ないのかも知れないが…

  • '09.08.25 秘仏とは

    ・質問 「秘仏」とは何ですか? ・答え 日本各地に「秘仏」とされる仏像は数多くありますけれど、私が住職を拝命している福楽寺の場合も、御本尊の薬師如来は秘仏です。福楽寺の場合、2月8日のみ御開帳をしています。 「秘仏」の一…

  • '09.08.23 自力と他力

    仏教ではよく、「自力」「他力」という言葉が使われます。 一般的には、阿弥陀如来にすべてをおまかせして自分のはからいを捨ててしまう浄土教系の立場を「他力・浄土門」、座禅その他の修行を行って覚りに至らんとする道を「自力・聖道…

  • '09.08.23 いつ死んだか

    仏教においては、寿命と体温は相即しているので、体温がある限りは生きているのですよね。つまり、何時何分死亡、ということは言えない。徐々になくなっていく体温を見守りながら、みんなでゆっくり見送る。「いつ体温がなくなったか」は…

  • '09.08.10 菩薩のことば

    丘山新教授の著書『菩薩の願い』(NHKライブラリー)に、宮澤賢治の詩が紹介されていました。 宮澤賢治は法華系・国柱会の信者としても有名な文学者で、彼の童話や詩の多くは、その根底に仏教・法華経の思想が流れていると言われてい…

  • '09.08.09 理念と現実

    8世紀のヒンドゥー教の聖者、インド哲学ヴェーダーンタ学派の大成者に、シャンカラという人物がいます(シャンカラとは?)。 彼は不二一元論の哲学を樹立したことで有名ですが、その基本的テーゼは「我々の内なるアートマンと絶対者ブ…

  • '09.07.07 「偽経」とは

    仏教には、「偽経」と呼ばれるものがあります。あるいは「擬経」とも書きますが、いずれにしても「偽の経典」「疑似経典」という意味ですから、なかなか不穏な単語です。 主な「偽経」としては、例えば『父母恩重経』『盂蘭盆経』『不動…

  • '09.07.05 イェーガー神父

    イェーガーというカトリック神父がいます。禅に接近し過ぎであり(印可も受けています)、その神秘主義的な主張が神の絶対性を侵す、というような理由でバチカンから活動停止命令を受けた方(破門はされておらず、今でもベネディクト会士…

  • '09.06.23

    あらゆる道はローマ通ず…。 様々な宗教の指し示す真理は同じであり、ただその辿るべき道が違うだけ…山頂はひとつでも道は多様なものである。 というようなことはよく言われます。 これはある意味では是、だと思います。例えばキリス…